« 夢日記 | トップページ | 「宇宙の法」入門 ピックアップ① »

2010年3月21日 (日)

マスコミと中国の関係

幸福実現党総務会長 やない筆勝のブログ(03.16火)
中国の軍事的脅威をマスコミが黙殺する理由
から マスコミと中国の関係 についての抜粋です。

▽---・---・---・---・---・---・---・---・---・---・
マスコミは、中国の軍事増強をあまり報道しません。お隣の中国はこの20年間でなんと
軍事費を20倍に増やしているのです。中国というアジア最大の軍事大国が、今、台頭しよ
うとしていることをご存じでしょうか。これらのことは世界では常識なのですが、不思議
なことにこの日本だけは、そういう中国の軍事的脅威について、マスコミで報道されるこ
とは一切ありません。

私は以前、朝日新聞の記者をしておりました。ですから、古巣の職場を批判するのは残念
なのですが、朝日新聞をはじめ、NHK、毎日新聞、日本の大手マスコミは実は中国共産党
と「記者交換協定」という協定を既に結んでおり、中国が不利になるような報道はしない
という約束をしているのです
。だからテレビをつけると「中国はすばらしい」「中国は発
展している。だから日本も中国ともう一緒になっていれば、経済的にも大丈夫なんだ」と
、こんな報道ばかりしています。中国の本当の狙いは、アジアの覇権国家になるというこ
となのです。
つまり、「アジアの支配者になる」ということが、中国共産党がその経済力
をバックに今、進めている国家戦略なのです。
△---・---・---・---・---・---・---・---・---・---・

 
[ツカミルのコメント]
☆日本のマスコミだけでは、世界情勢を把握できない事情がよく分りますね。

☆「日本のマスコミは、中国に不利な報道はしないという契約を結んでいる」
という事実があり、それを頭に入れておきましょう。
マスコミが視聴者や読者に正確な報道を怠っているのは大変遺憾です。

☆中国共産党の一党独裁では、中国国民のためにも良くなく、
周辺諸国に悲劇をもたらしています。
民主化することが、世界に安心感と希望を与えることになります。

☆アジアの覇権国家になるということが中国の野望です。
当然、日本を支配下におこうとしています。
日本がチベット化されるようではいけません。
中国の実態を伝えないマスコミは大きな罪です。

|

« 夢日記 | トップページ | 「宇宙の法」入門 ピックアップ① »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスコミと中国の関係:

« 夢日記 | トップページ | 「宇宙の法」入門 ピックアップ① »